愛犬のしつけが出来ない3つのヒミツを大暴露
あなたの愛犬を天才お利口犬に大変身させる方法


日記

抑毛に効く成分って?

肌への負担をかけずヒゲを薄くしたいという人は、脱毛よりも抑毛を目指した方が良いでしょう。

抑毛とは、男性ホルモン(筋肉量の増加を促したり、性欲を増したり、体毛が濃くなったりなどの作用があると考えられています)の力を抑制し、毛の量を減らしたり、毛を細くするという方法のことをいうのです。

そして、抑毛に効果的だといわれている代表的な成分が、大豆イソフラボン(サプリメントとして売られていることも少なくありません)です。

大豆イソフラボンは、豆腐や納豆(平安時代にはすでにあったといわれていて、名前の由来は精進料理で寺院の倉庫である納所で作られていたからという説が有力です)、豆乳(調製豆乳と無調整豆乳がありますが、一般的には調製豆乳の方が飲みやすいでしょう)などといった大豆製品にふくまれており、この成分が抑毛に効果的だといわれています。

この大豆イソフラボン(サプリメントとして売られていることも少なくありません)には、男性ホルモンを中和し、女性ホルモンを活性化させる働きがあります。

そのため、大豆イソフラボン(女性ホルモンに似た働きをするため、美肌効果やバストアップ効果が期待できるといわれています)を配合した化粧品やサプリメント(サプリと略されることもありますし、栄養補助食品や健康補助食品などと表現されることもあります)などが抑毛商品として、注目されています。

また、化粧品やサプリメントなどを使用しなくても、食べ物(飽食の時代なんていわれて久しいですが、実は昔の食事の方が栄養的には豊かだったのかもしれません)から摂取することも可能です。

先ほどいったように、大豆イソフラボンは豆腐、納豆(「ナットウキナーゼという成分が健康に良いといわれています)、豆乳(牛乳に似ていますが、独特の風味があるため、好き嫌いがあるでしょう)などに含まれているため、これらの物をたべる事によって摂取できます。

大豆イソフラボン(納豆や豆腐、豆乳などの大豆製品に含まれていますが、サプリメントも?多く販売されています)には抑毛効果の他にも、コレステロールを抑えてたり、血圧(ストレスを感じていると上昇し、リラックス時にはやや下がるそうです)を安定させる効果もある為、健康のためにも摂取した方が良いでしょう。



ミュゼ グラン池袋

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。